ブーツをカスタムする、サスティナブルな革靴の楽しみ方。
リバイブスネイク

ワークブーツをカスタムすることが一般的になりつつあるという。リペアから生まれリペアを超えた靴の楽しみ方、ブーツカスタムの世界を覗いてみた。

REVIVE SNAKE リバイブスネイク

自由な発送で提案する、カスタムの面白さ。

鮮やかなグリーンに染めたレザーソール。

 YouTubeやインスタグラムで、ブーツのカスタム動画や画像を積極的に発信しているリペアショップが愛知県豊橋市の『ラジアン』だ。動画チャンネルの登録者は2万人を超える。この発信の効果で、全国からリペアやカスタムの依頼が届く。リペアのうちブーツの占める割合は高く、約7割。その半数以上がカスタムの依頼であると言う。

 オーナーの杉浦徹氏が感じているSNSのもうひとつの効果は、クローゼットで長年眠っているブーツを再び履きたい気持ちにさせる、というもの。ラジアンが特にそうしたユーザーに向けて提案しているカスタムに、レースアップブーツの内側にジッパーを取り付ける、というものがある。脱ぎ履きの手間が弱点であるブーツが、着脱をしやすくすることで再び履かれるようになる。毎月何足もの依頼を受ける人気のカスタムとなっているという。

 スニーカーのカスタムにも積極的だ。伝統的製法の革靴に比べると寿命の短いスニーカーだが、マッケイ製法や底周りにレザーをあしらってステッチダウン製法にすることで、長年の使用も可能になる。デザイン的な面白さだけではない価値がカスタムにはある。

 デジタル環境、SNSというプラットフォーム、動画コンテンツの活用。既に所有する靴を活かすというサスティナブルな感覚。自分だけのブーツをつくるパーソナルな楽しみ。ブーツカスタムが、現代の環境の中で、高まるニーズを捉えていること、だからこそ広まり続けていることを改めて実感させられる。

工房で作業するオーナーの内川氏。
アメリカンなブーツのテイストが表れる店構え。
左はレッド・ウィングのトレードマークでもある白い厚底を紫に染めたレザーソールにカスタムした8インチブーツ。カスタム料金は¥15,500。右は逆にレザーソールを白いウエッジタイプのビブラム#1010に変更したベックマンブーツ。カスタム料金は¥13,000。

リバイブスネイク
add. 福岡県福岡市中央区薬院 1-16-10
tel. 092-725-3448
HP. https://www.revivesnake.info


photographs_Takao Ohta
text_Michiya Suzuki
『LAST』 issue.18 「ブーツをカスタムする、サスティナブルな革靴の楽しみ方」より抜粋。

タイトルとURLをコピーしました